冬でも多い顔汗の原因と対策とは

何とも不快で恥ずかしい症状に、顔汗があります。
やけにベトベトしますし、とても目立ってしまうからです。
女性の場合、メイクが崩れるというデメリットもあります。

夏だけでなく冬も多い顔汗ですが原因はいくつかあり、一つ目は緊張や
精神的なストレスによって発生するものです。
これは一時的なものですので、なるべくリラックスするよう努める事が大切です。

2つ目の原因としては、運動不足によって汗腺の働きがアンバランスになる事です。
人間は体温を調節するために全身から汗を出しますが、運動が不足すると
体温の上がる機会が少ない手や足の汗腺の働きが鈍くなってしまいます。
そうなると体温調節の際、心臓に近く比較的体温が上がりやすい顔から汗が出てしまうのです。

他の原因としては顔面多汗症といった病気も考えられ、この場合は医療機関を受診する必要があります。
したがって顔汗は、原因に応じた対策が必要となってくるのです。

冬でも多い顔汗の対策として一つ目に挙げられるのは、冷やす事です。
氷枕や濡らして凍らせたタオルなどで、首の後ろ側を冷やすと体温の上昇が抑制でき
汗がひいてきます。

二つ目には、半側発汗を応用した方法があります。
胸から5㎝くらい上の位置を両手で2~3分押す事で、上半身の発汗を抑える働きがあるのです。
しばらく効果はありますし、何も準備できない時には手軽にできる方法です。

三つ目としては顔用の制汗グッズを使用する方法です。
スキンケアやメークとしても使える上、汗を抑える働きのある商品が
多くありますから肌に合うものを探すと良いでしょう。

冬でも多い顔汗ですが原因に合った対策を見極め、
臨機応変に対応する事がポイントといえます。

夏場特に気になる顔汗の原因と対策

顔汗の原因となるのが精神性発汗型多汗という身体機能の疾患です。これは精神的な不安からくるもので、顔に出る人も入れば手や足、脇に症状が出る人もいます。緊張するときに夏場だけに限らず冬でも顔汗が大量に出る人はこの症状である可能性が高いです。クリニックで受診すると診断がでますので、あまりに顔汗がひどい場合は医者に診てもらうようにします。一度医者に診断してもらうと何がいいかというと、まず原因が特定できます。これにより、少し不安が解消します。次にその対策方法が分かるようになります。一度処方された薬をもとに、今度は自分でインターネットで安く購入できるようになります。処方箋をもとに必ず同じ成分のものを見つけなければなりませんが、薬によっては自分で買ったほうが安く済みます。さらにインターネットサイトで購入するのであれば病院と薬局を往復しなくても自宅に宅配で薬を届けてくれるのでとても手に入れやすいです。ちなみに多汗にいいとされる漢方薬は柴胡加竜骨牡蛎湯です。これは心が高ぶった時に沈めてくれる効果があります。動悸が伴うときはこの漢方薬が有効です。柴胡桂枝乾姜湯も神経の疲れに効きます。飲むものだけではなく、ローションなど直接肌に塗るものも大活躍します。ローションを塗るだけで汗が出なくなり、汗のない肌を保つことができます。ここぞというときに使える代物なので、常に鞄に入れて持ち歩くようにしましょう。また、長時間持続型のものだと夜の就寝前に塗るだけでいいものもありとても便利です。

顔汗の原因と対策について

全身から汗が出ず、顔にばかり汗が出るという症状を顔汗と言います。その主な原因は、運動不足による発汗機能の低下にあります。つまり、身体を動かさず、汗をあまりかかない生活を続けていると、汗をかく必要がないことから、全身の汗をかく機能が低下してしまうのです。そのため、汗をかかなければならない際には、重要な部位である顔などが優先されることになります。これにより、顔にばかり汗が出て、他の部位からは汗が出ないという状況になるのです。

さらに、このような状況になると、出る汗自体も、ベタベタとした不快なものになりがちです。これは、前述の通り発汗機能が衰えたことにより、本来は発汗時に再吸収されるはずのミネラル分が再吸収されず、このミネラル分によって汗がベタベタになるためです。もちろん、ミネラル分は体の調子を整えるのに重要な成分であるため、顔汗は単に不快なだけでなく、身体にも悪影響を及ぼす可能性があることになります。

顔汗は、制汗剤や薬、サプリメントによって抑えることができるため、気になるようであれば、これらを使用してみた方が良いでしょう。しかし、その根本的な原因は、前述のように発汗機能の衰えであるため、根本的な対策を考えるのであれば、やはり運動などで積極的に汗をかき、発汗機能を改善させる必要があります。

また、顔汗は、顔面多汗症などの病気によるものである可能性もあります。そのため、これらの対策を行っても顔汗が改善されない場合は、医師に相談することが推奨されます。

敏感肌の方にオススメ!「AHC20 センシティブ」

「AHC20センシティブ」は肌が敏感な方に向けた液状の制汗剤。
植物エキス配合により、制汗力を保ちながら肌への刺激を抑えています。
女性誌でも取り上げられている商品です。
顔の制汗以外にも、汗が気になる脇・胸・首・腕等にも使えます。

ヨーロッパで人気の制汗剤

製薬産業が発展しているスイスの商品です。
イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ各国、多くの国で販売されています。

塗るだけ。使い方は簡単

就寝前、汗を止めたい部分が清潔で乾いている状態で使います。
少量をコットンに染み込ませ、汗を止めたい部分に塗ります。
コットンを使わず、指で塗ってしまうと効果が落ちますので、注意が必要です。

使いはじめてから、汗が止まったら、一旦、使用を控えます。
また汗が出だしたら就寝前にコットンで液を塗るというサイクルを繰り返します。

1週間効果が持続

最初に塗ってから、3~5日後に制汗の効果がでます。
それから約1週間効果が持続。
あとは週に1度塗るだけ。その間、塗る手間はいりません。

1回に使用するのは数滴だけ。
容量は30ml入りなので、半年間は持ち、経済的です。

サラサラの液体。塗り跡が気になりません

液体はサラサラしているので、額等に塗った形跡が残りません。

購入方法

インターネット通販で購入ができます。
「AHC20センシティブ」公式サイトで無料サンプルを取り寄せることもできます。
海外の商品なので、取り寄せには10日程度かかります。

確実に顔汗を止める方法!薬と制汗剤のW使いでカンペキ!

自宅で簡単!多汗症対策

20150707

「久保田式多汗症改善7日間プログラム」は多汗症、汗の量が気になる人に向けた体質改善プログラム。
マニュアルに沿って行うプログラムです。
自宅で簡単にでき、7日で効果が実感できる体質改善の方法を紹介しています。

体質改善プログラム。4つのステップ

1.自分の多汗のタイプを特定する

汗が多くでる原因には人によって違います。
汗を掻くことに過敏になり、そのストレスで汗の量が多くなるタイプ。内臓の一部が弱っているため、汗がでるタイプ。
疲労等による交感神経の不調が原因のタイプ等。
理由はいくつかあります。
このプログラムでは、個別の多汗の原因を明確にし、それぞれ合った対処をしていきます。

2.原因別の方法による体質改善

多汗の原因を特定できたら、次に、プログラム独自の方法により、体質改善をしていきます。

3.5分で出来る体質改善方法

このプログラムでは、多汗の原因となる自律神経の改善に有効な方法がマニュアル化してあります。
短い時間で、一人ででき、誰にでもできる多汗対対策を紹介しています。

制汗効果がある食べ物

多汗には、その体質改善に効く食べ物があります。
プログラムには、制汗の効果持続に有効な食べ物が紹介してあります。

購入方法

インターネット上で、プログラムの販売をしています。
購入から90~120日の間には、返金保証がついています。

ダラダラ汗がピタッと止まる!「プロバンサイン」

「プロバンサイン」は多汗症の治療に使われる飲み薬です。
もちろん顔の汗を止める効果もあります。
日常生活に支障がでるほど汗が出る「多症汗」かも?とお悩みの方にオススメの商品です。

制汗に大きな効果。「プロバンサイン」

服用後、1時間後には効果

「プロバンサイン」の効果は、病院で多汗症の治療薬として処方されているほど。
1回1錠で、3~5時間効果が持続。全身の汗を止めることができます。
人間の汗栓を刺激するアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制し、多汗症の体質を改善します。

副作用に注意

治療薬になりますので、他の薬と同様に、副作用があります。
眼の乾き、口の渇き、便秘、眠気、発疹等の症状がでる場合があります。
とくに、眼の乾き、口の渇きが症状として多く出ます。
そのため、目薬、水分補給等で対処しながら使います。
他の医薬品のようにご自身の体質を理解し、副作用に注意して服用する必要があります。

医師の処方or通販で購入ができます

「プロバンサイン」はアメリカの製薬会社である「ファイザー製薬」の商品。日本では市販されてない薬です。
そのため、医師に多汗症の診断を受け、処方箋をもらことで入手ができます。

ですが、 医師から多汗症と診断されず「プロバンサイン」を処方されなく、それでも、汗がどうしても気になる場合。
通販サイトで、購入ができます。その際は、「個人輸入代行」を行っている通販サイトから購入する形になります。
「個人輸入代行」といっても、日本語、日本円が表記されたサイトなので、安心して利用できます。
1週間程度で商品を取り寄せることができます。